PRODUCTS

新株予約権の発行

新株予約権とは、あらかじめ定められた条件で、その会社の株式の交付を請求することができる権利のことです。

株式の交付と引き換えに払い込むべき価格もあらかじめ定まっているため、 会社の取締役や従業員などに対して付与することにより、業績向上(株価上昇)への動機付けに用いられることがあります。
これがいわゆるストックオプションと呼ばれるものです。

また、事業承継の場面においても、相続税や株式の移動資金不足の対策として用いることが出来ます。

将来、相続により株式を承継した為に多額の相続税を支払うことにならぬよう、事前に後継者への株式移動を検討するが、 経営権を獲得できるほどの株式数を購入するための資金を後継者が有していないなどの事情も少なくありません。

資金の準備に時間をおいたとしても、その間に株価が値上がり資金が追いつかなくなる可能性も考えられます。 そこで、価格の固定された新株予約権を後継者に付与しておくことによって、株価の値上がりを考慮することなく、 資金の整った段階で経営権を獲得でき、また現オーナーからの株式の譲り受けではないため、相続税等の問題がでてくることもありません。
ただしこの場合、後継者以外の相続人の不公平感が懸念されますが、これは種類株式を用いることによって解決することができます。

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。