PRODUCTS

定款変更

定款とは、その会社ごとに定められた基本ルールを記した重要書類です。

内容には会社の商号、本店の所在地、事業目的などが記されていますので、これらに変更があった場合には定款の改訂が必要となります。

変更する事項によって、登記手続きや許認可申請が必要になる場合もあり、また、一部を変更することにより連動して他の条項の変更も必要となる場合がありますので、会社の基本設計について変更をご検討の際は事前にご相談ください。

 

株式会社の定款記載事項

~絶対的記載事項~

定款に必ず記載しなければならない事項をいい、これらの記載がなければ定款全体が無効となってしまう。

・会社の目的

・会社の商号

・本店の所在地

・会社設立に際して出資される財産の価額又はその最低額

・会社設立の発起人の氏名又は名称及び住所

・発行可能株式総数

 

~相対的記載事項(一例)~

定款に記載しなくても定款自体の効力に影響はないが、定款に記載しなければ効力を持たない事項。

・株式譲渡制限、取得請求権付又は取得条項付株式に関する定め

・種類株式の発行に関する定め

・譲渡制限株式の相続人等に対する売渡請求

・株券発行の定め

・取締役及び監査役の任期伸長、補欠監査役の任期制限

・取締役会、会計参与、監査役、監査役会、会計監査人及び委員会の設置

・取締役会の決議の省略

・役員等の責任の軽減に関する定め

・剰余金配当の定め

 

~任意的記載事項(一例)~

記載する義務も効力もないが、定款に盛り込むことで明確化されるもの

・定時総会の開催時期

・会社の事業年度に関する定め

・株主総会の議長

・役付取締役(会長、社長、副社長、専務取締役、常務取締役)

 

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。