PRODUCTS

解散・清算結了

株式会社(特例有限会社を含む。)は株主総会の決議、持分会社は総社員の同意により解散することが出来ます。

会社は解散後、清算手続きに入りますが、引き続き清算の目的の範囲内で存続することになります。

この間、株式や社債の発行、当該会社を消滅会社とする合併もする事ができるとされています。

解散により取締役は退任し、清算手続きは清算人によって行われます。

清算手続きには、現務の結了、解散事業年度の確定申告、債権債務の整理などがあり、その後なお残余財産がある場合には、清算人は株主の持ち株数に応じ残余財産を分配し、清算確定申告をしたうえ、株主総会にて残余財産の分配を含む決算報告の承認を受けます。

残余財産がマイナスとなる場合にはそのまま清算することはできず、債権者からの債権放棄等を取り付けられない限り、破産や特別清算など他の方法を取る事になります。

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。