PRODUCTS

定款コンサルティング

平成18年5月に会社法が施行されたことにより、定款の自治が大幅に広がり、会社の運営や規定の自由度が高くなりました。

旧法時代からの定款を見直す事で、様々な会社法の恩恵を受けることができる可能性があります。

例えば、経営権の分散を防ぐため、会社が株主の相続人から強制的に株式を取得することができる規定の設定、

議決権は無く経営への参画はできないが配当額の高い種類株式や、株主総会で決議された事項もたった1株で拒否できる種類株式の設定、

また機関設計を取締役1人としその任期を10年に伸張するなど、各会社様の要望や状態に沿った定款に変更することができます。

定款の変更にはメリット、デメリットがあり、どこか一部だけを変更すればよいとも限りません。

現状やご希望をお聞きしたうえで、各会社様の未来に備えた定款内容をご提案させていただきます。

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。