PRODUCTS

p012

Category:

相続登記について

不動産の所有者が亡くなった場合、不動産の名義を相続人名義に変更する手続き(相続による登記)をしなくてはなりません。

この手続きを行わないことによる法律違反や罰則はありませんが、放置しておくことによるデメリットはかなり大きなものとなります。

代が変わるたびに相続人が増え、事実上名義変更が不可能になるケースもあります。

そうなると、

・自らを正当な所有者であると主張できない

・売却・担保にするなど処分ができない

ということになりますので、早めに対処することをお勧めします。

 

幣所では、不動産の現状把握・相続関係の特定・登記手続きに必要となる全書類の作成を行っております。

 

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。