PRODUCTS

p013

Category:

任意後見契約について

将来自分の判断能力が衰えたときにそなえて、あらかじめ保護者(任意後見人)を選んでおきます。将来の財産や身のまわりのことなどについて、「こうしてほしい」と、具体的な自分の希望を保護者に頼んでおくことができます。(任意後見契約)。

「任意」という意味は「自分で決める」ということです。

万一のときに「誰に」「どのようなことを頼むか」を「自分自身で決める」仕組みです。

任意後見人は複数でもかまいませんし、個人だけでなく、法人もなることができます。

任意後見契約は「公正証書」でする必要があります。

将来、判断能力が衰えたとき、一定の手続きを経てこの契約がスタートします。

任意後見人は、任意後見契約の代理権目録に定められた内容に基づいて事務を行います。

※代理事務には、以下のようなものを定めることができます。

・ご生活状況確認のための定期面談

・預貯金の管理

・家賃、地代、公共料金、年金、税金などの受領や支払いなどの手続き

・日用品の購入、生活費の送金

・郵便物の管理

・介護、福祉サービス利用契約の締結、病院の入退院の事務

・財産目録に記載された財産の管理・保全事務

 

詳細は弊所までお問い合わせください。

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。