PRODUCTS

p004

Category:

見守り契約について

一人暮らしのご高齢者の方など、定期的に健康状態や判断能力の状況の確認が必要な方に対し、電話連絡や定期訪問などの安否確認サービスをご提供するため締結される契約を指します。

契約当事者との間で任意後見契約をあわせて締結し、お互いの信頼関係構築の期間・機会とする場合もあります。

幣所では、幣所及びご利用者様との間で見守り契約を締結しました場合、下記のような業務をさせて頂いております。

 

・月に1回程度の電話連絡、3カ月に1回程度の訪問、依頼者のご健康状態や財産状況のご確認

 

・契約期間中にご利用者様に傷病が発生した場合、ご親族様へのご連絡、加療を要する場合の受診、入退院等手配、必要に応じ財産管理人へのご連絡等の対応

 

・契約期間中にご利用者様に判断能力の低下が発生した場合、家庭裁判所に対し、任意後見監督人の選任請求、法定後見開始手続きの検討等の対応

 

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。