PRODUCTS

p015

Category:

遺言書作成のお手伝い

遺言とは、自分が生涯をかけて築きあげた財産を最も有効・有意義に活用してもらうために行う、遺言者の意思表示です。

遺言の方法については、民法で厳格に定められています。
音声や映像は認められておらず、必ず文字を使用して作成します。連名で作成したものも無効となります。

遺言には複数の種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

●自筆証書遺言

本人が、全文・日付・氏名を自筆で書き、署名捺印をすることが必要です。ワープロを使用したものは無効になります。

費用がかからない、遺言内容及び存在を秘密にできるなどの特徴がある反面、隠されたり、破棄・改ざんのおそれがあるなどのデメリットがあります。

 

●公正証書遺言

遺言をする人が公証人に遺言の内容を伝え、公証人が作成します。また、証人2名以上が必ず立ち会い署名捺印を行います。

身体が不自由でご自分で遺言を書くことができない場合などにご利用されると有用です。

費用は少しかかりますが、自筆証書遺言のデメリットを解消している点、公証人が関与し、証人がつくことで後日遺言内容の真偽が問題になりにくい点、検認が不要になるといった大きなメリットがあります。

 

●秘密証書遺言

公証役場で作成する点で公正証書遺言と同じですが、遺言書の内容を密封して、公証人含む一切の者に対して内容を秘密にできるという特徴があります。

 

幣所では、遺言書文案の作成や相続財産調査などの作業を承っております。

場合により、税理士などの外部専門家とも連携して効果的な遺言作成のお手伝いを致しております。

一度ご相談ください。

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。