PRODUCTS

p014

Category:

遺産分割協議書の作成

相続の開始後、亡くなられた方の遺産の確認・相続関係が確定した段階で、「誰が」「何を」相続するのかについて話し合うことを遺産分割協議といい、相続人の全員でおこないます。

協議が成立すると、相続人全員の共有であった遺産が、定められた内容に従いそれぞれの相続人の所有になります。

協議の内容を書面にしたものを遺産分割協議書といいます。

この協議書を使用して銀行や法務局、税務署などに対して各種相続手続きを行うことになりますので、法的不備をなくすことはもちろん誰が何を相続したのかが明確になるよう、相続人に代わって法律家が作成することが多いようです。

また、相続人の中に未成年者がいる場合や行方不明者がいる場合などは、そのままでは協議できないケースもありますので注意が必要です。

当事務所ではご依頼に基づき、戸籍や遺産に関する資料を拝見し、お打ち合わせの上で遺産分割協議書の作成を行います。

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。