PRODUCTS

p003

Category:

不動産の売買や贈与に関するご相談

不動産(土地や建物)の名義を変えたり、担保(抵当権など)を設定をする場合は、「法務局」といわれるところで「登記」手続きを行います。大切な財産ですので、正確かつ確実に手続きされる必要があります。この手続きは、不動産登記手続と呼ばれ、司法書士が代理して行うことが一般的です。

●住宅を購入したので売主から買主の名義に変える。

●住宅を購入する際、その住宅を担保に入れて住宅ローンを組む。(抵当権の設定)

●住宅ローン金利の変動に伴って、ローンの借換えをする際、金融機関の担保を付け替える(抵当権の抹消・設定)

●自分の親名義の土地・建物があるが、親が亡くなったので自分の名義に変える(相続による所有権移転)

●自分が元気なうちに、世話になった人に自分名義の土地建物を贈与したい(贈与による所有権移転)

詳細は弊所にご相談ください。

弊所へのお問い合わせはこちらからお願いいたします。